摂取量はどれくらい?医薬品の基礎知識

摂取量はどれくらい?医薬品の基礎知識

医療用医薬品の摂取に関して

薬には、医師から処方される医療用医薬品と、誰でも薬局で購入が出来る一般用医薬品が有ります。
病院へ行くのが苦手な人や、病院に行く暇が無い人などは薬局で一般用医薬品を買って様子を見たりしますが。症状にも依りますが、一般用医薬品では治らない場合が有ります。
その後、病院へ行き医療用医薬品を処方され摂取する事になります。
昔は、病院で薬を貰う事が出来ましたが、今は病院で処方箋を貰い薬局で薬を貰う事になります。
医師の処方箋が無いと医療薬は入手出来ないシステムに変わりました。
医療薬でも一般用医薬品でも過剰摂取は良く有りません。沢山摂取したから早く治るという事は有りません。むしろ薬は、あんまり飲まない方が良いのです。
風邪薬などは殆どの場合、全部飲み終える頃は体調も回復し元気になるものです。
厄介なのは、腹痛に関連する薬です。
例えば、整腸剤などが該当します。
便通異常改善の為に、下痢止めや便を硬くする薬などは長い期間摂取を続けると良く有りません。薬癖な習慣を続けていれば、効果が無くなります。
あるいは、飲み続けないと治まらない状態になって行きます。

医療薬といえど、飲み続けると失敗します。
腹痛や便通異常は、誰にでもよく起こります。
慢性的に長年続く事も有ります。
病的異常は無くてもです。
私は長年、腹痛と便通異常に悩まされています。
私は食生活が不健康ですから、自業自得なのですが、ついつい整腸剤や色んな薬に頼りがちになります。
薬をどんなに体内に摂取しても、治らない物も有ります。
生活習慣病ですから、生活スタイルを改善しないと治りません。最近は、頭痛薬を常用する人が多いです。
これも病気以外のパターンが多いです。
薬で誤魔化しても駄目なんです。
睡眠不足から頭痛を引き起こすケースが有ります。
私もよく頭はガンガン痛くなります。
寝れば治ります。
現代人には、休養が必要でしょうねぇ。医薬品を摂取する上で忘れてはイケない事は、よく効く薬ほど副作用が有ります。
用法用量守って摂取した方が良いでしょう。

Copyright (C)2014摂取量はどれくらい?医薬品の基礎知識.All rights reserved.